第14回 お花しりーず ミッション1 スイートピーを咲かせましょう!!(纏め編)   


さて、お話が前後して誠に恐縮です・・。
ファーストミッションの スイートピー編の纏めです。
E3818AE88AB1E381AEE69CAC-69276-thumbnail2[1].jpg
やっぱり、自己流ですと限界があり、書店で上図の本を購入してきました!!とってもわかりやすくて、写真が綺麗。ふと表紙を見ると「ダメにする原因をやさしく解説」って書いてあって、それが購入の決め手に!!(←ってか駄目な原因を作りすぎたのは我が失策=反省!!)
スイートピー種.jpeg
では反省会おっぱじめます・・!!

1)スイートピーの特徴 と 草丈(長めの支柱)
  マメ科の植物で別名(ジャコウレンリソウ、ジャコウエンドウ)という。
  草の丈30cmくらいになる背が低い「矮性種のもの」と「通常のもの」で最長300cmのものがある。
 (反省=僕が植えたのは前者のほうだだったが、こんなに高くなるとは知らなかった。あらかじめすこし長めの支柱を準備してれば良かった。)ツル科の植物なので、フェンスやネットにまきつけて立体的にするのも綺麗だそうだ。

  
2)植えるところと 植え替え(移植)が難しい

直根性で、根も深いので、ポットと呼ばれる小さくて浅い鉢だと根のリーチが足りない。はじめから広い敷地の花壇に植えるのが良いが、自宅にはそれが無いので、植え替えをしたとき、おそらくダメージを受けた。

3)お花が咲きにくい、咲いてから
お花が咲くべき時期に肥料をあげると葉っぱにばかり栄養がいってしまうのでNGだった。
咲き終わった花をそのままにしておくと、すぐ種ができてしまい、栄養がとられ他の花が咲きにくくなる。
花がら摘みをすること。

後にこの秋 スイートピーを植える方にしろうとながら簡単な手順を記録してみます。
ホームセンターで備品と種を購入した後・・。(鉢、じょうろ、種、土、支柱など)

1)10月中旬ころ 種を植える。種が硬いので植える前日に水に漬け込んで吸水させ、それから撒くこと。

2)水はけの良い場所(広い敷地の花壇など)へ植える。なければ小さな鉢(ポットなどに)2から3粒20cm間隔にうえる。小さな鉢に植えた場合は芽から本葉が3枚くらい出たところで土を崩さないよう定植。(深い鉢へ植え替え)

3)用意する土は、通気性のよい土  有機質を多く含む腐葉土や堆肥をよく耕しておき、それから種をまく。油かすは良くないよう。

4)土の表面が乾いたら与える。 深くまで張っている根まで水分が届くように。こまめに何度もというより、あげる時はたっぷりめで。肥料は10日に1回 リンの多いものを。間引き、剪定などの作業もあるようですがここはまだ僕もしっかり理解できていないので以下のページを貼っておきます。

5)お花が咲いたら、肥料はあげ過ぎない様に。また、咲いた後は、花がらを早く摘まないと種が出てきて他のお花が咲きにくくなる。

といった所でした。初めてでしたが1輪でも咲いてよかった。本日これを書いた朝にも3輪ほど開花していまして・・。今シーズンラストかな??

スイートピーの花言葉は・・「門出」「別離」というそうです。旅立ちにぴったりですね。

この秋はもっと上手にうえてみせるぞ~!!
以下の文献、サイト様には大変お世話になりました。御礼申し上げます。
IMG_4116.JPG
参照引用 書籍 主婦の友社編 はじめての花つくり P45より
     WEB SITE 暮らしーの スイートピーの育て方!初めてや栽培中の疑問を解決して長く育てよう!
     《https://kurashi-no.jp/I0012379


この記事へのコメント