第107回  ミッション84  もどらない駅

みなさま、こんばんは。

僕の住む関東地方はよい天気。とはいえ、やっぱり寒い。このところ、ちょっとBLOGもお休みしてしまい・・

※今回は「役立つ情報」というより僕のPVなお話が中心です。お急ぎの方はスルーしてくださいね。


先日のお話なのですが、このblogの第84回で 「はじめて降りる駅でうろうろ」という記事を書いたのですが、実は、昨年末、親が救急車で運ばれて、ずっとこの街の病院に入院していたのですが、やっと退院ということになった

初めて、降りる駅で、面会時間までにお昼を済ましてしまおう・・ということで駅前のあるお店にはいった・・というのが先日のblogの内容だったのですが、

今回は、親の入院がなければ、降りるはずのなかった、この街の病院に来るのが、おそらくもう最後だったので、もう一度あのお店へ・・ということで行ってみました。そのお話。
IMG_5408.JPG

駅前を降りるとコンビニが2軒だけ、ファミレスもありません。公団のアパートがいくつかあり、基本その1Fは個人商店街になっていた。

IMG_5651.JPG

その一つにあったのが、今回ご紹介するレストラン。「フランボワーズ」というお店。

IMG_5486.JPG


初めて入った前回と同様、今回もとても混んでいたので、入店するが早いか、やはり、きっと公団またはこの近隣のご年配の方が会合でランチしていて、和やかなかに笑い声が聞こえてきた。

僕の想像ですが、定期的に、ここでみんなでランチするのが楽しみで、みなさんちょっとおしゃれもしていた。また、ご年配で仲のよさそうなご年配の夫婦(おそらく)のご主人様のほうが奥様に話しかけ「君の好きなもの頼みなさい」と優しそうに言っていた。若いカップルは気取らず、2人でおしゃべりをしていた。

このお店に来る=特別な日・・なのだろう。

メニューをもらうと、こんなかんじ(うんうん、いいかんじ)。

IMG_5639.JPG

そのときスタッフの方にお店のことを聞いてみると「この公団ができた時からですから、かなり前から営業してますよ・・」とのことだった。たぶん20年くらいやっているのかな??(公団の看板がいくつかあり、ある看板には石原都知事の名前が)

IMG_5649.JPG

僕は今回は、パスタ、じゃなくってなんかもう、スパゲッティのランチセットを注文。この日は、「たしかエビと大葉のスパゲッティ。」

麺のゆで具合は、ちょっとやわらかめで(ご年配向けにしてある??)食べやすい感じでおいしかった。やっぱり懐かしい味だった。
それでも、ディナーのメニューをみるとアクアパッツァとか本格的なメニューもあり、(2019年・年末時点)お料理を作っていたしたシェフのかた、きちんとした修行をなさった、腕のいい方なんだなと思った。食材もいいものを使っているし。ホールの女性も笑顔でとても感じがよく・・親切でした。

IMG_5642.JPG
きっと、ここのお店が開店したときから、お客様にとってはいつまでも、心の中でも最新、ハイカラなおしゃれスポット、お気に入りのお店として記憶されていて、その時のシーン(ご自身の人生での輝ける一瞬)で止まっているんだな、と思いました。

帰りお会計時にスタッフの方に「ごちそうさま・・」とこの店に来た経緯を話すと、「ぜひ親御さんもよくなられましたら、皆さんでいらしてくださいね」と見送ってくれた。(※ところが・・後述)

親の入院のこと・・・

これからのこと・・・

いろいろと見知らぬ街で考え事しながら一人で降りた駅で「暗い思い出だけ」となりそうなこの駅だったけど、このお店にきてよかったとおもい、今は戻りたくないけど、このことがいい思い出になった日、いつかまた来たいと思いました。

なんか、こういう手作り感たっぷりのお店っていつまでも、いつまでも続いて欲しいなと思いました。ごちそうさまでした。

IMG_5647.JPG

※ このblogを掲載するにあたり、昨夜HPやウェブの情報を貼り付けようと検索していたら以下のような記事が見つかり、また掲載されていた電話番号へもかけたのですが、こちらの電話番号は使用されていなかったです。現場を見に行っていないのですが、営業をしていない可能性が高いです。(2020年 2月8日現在)


無題.png 東中神.png


スタッフの方々、ご縁あって、お店ではお世話になりました。おいしいお料理とおもてなしをありがとうございました。

今回はひたすら寂しいです。

hiro志

★WEB SITE 食べログ


※BLOGの掲載情報に誤等がございましたら、ご一報ください。

この記事へのコメント