第119回 ミッション94  春の小鉢 せりとお豆腐の酢味噌和え

みなさま、今日もお疲れ様です!!

連休明けの出勤だった方も、昨日とは打って変わっての寒さでブルブル。今日朝出勤するとき、とっても寒さを感じられたのでは。

IMG_6728.jpg

連休中は、家の事ばっかりだったので、帰宅前、書店などに寄り、晩御飯のの総菜は簡単なものに。たびたびこのBLOGでも登場している「せり」を使ってちょっと春らしく、このところ食べたかった酢味噌あえにTRY!!

せりってば、このBLOGの第91回でもやっていて、その時の説明文を自分で書いたのですがそれがこれ↓

セリはセリ科の多年草で、日本全国の山野に自生していて、古く奈良時代にはすでに食用とされていた記録が古事記、万葉集に残されていて(むおおお、伝統ですな)水分の多い土壌を好み、沢や河川の水際などに繁殖、栽培も昔から行われ、水田稲を刈った後やアゼなどにも沢山生えていたりしてるそうで、名前の由来は、葉の育ち方が「競り合って生えている」ことからそういわれている・・とか。
(タイトルがドロドロの昼ドラマみたいになってしまった・・)

そして、カロテン、ビタミンC、カリウム、鉄などが豊富に含まれており、貧血予防の効果、香り成分である精油成分には、リラックス効果があるなど・・

そしてもちろん、七草粥の草のひとつであり、秋田のきりたんぽ鍋には欠かせない野菜だそう。現在は栽培された物が通年出回っているそうで。

それではレッツラゴー!!!

~ せりと豆腐の酢みそ和え ~

材料=約2人分だよ

・せり・・・・2束

・豆腐(木綿)・・・・4分の1

・白胡麻・・・・・適量

たれ 

・酢小さじ・・・1ぱい

・白みそ・・・・大さじ1ぱい

・砂糖・・・・・小さじ2ぱい

※よく混ぜ合わせます。


作り方

1)せりはさっとゆでて3cm 長さに切る。(ゆですぎないのがポイント)

2)豆 腐はペーパータオルなどで包み、皿などの 重石をのせて30分ほどおき、しっかり水気をきって粗くつぶす。

3)たれを合わせてよく混ぜてから、せり と 豆腐を和える。

4)白ごまをトッピングして・・

かんたん・できあがり!!


IMG_6760.jpg

お好みで酢味噌に洋からしを入れても良いかもです。白い豆腐と緑のせり・・・酢味噌で和えた春の小鉢はいかがでしょうか。
そういえば、ほたるイカとか酢味噌うまいんすよね・。

ほんとうに年度末で、いろいろと社会的に経済的にも、ウィルスの件でも暗いムードが覆いますが、このBLOGにいらした皆様に良いことがありますよう、お祈りいたしております。

年度末の送別会のあと、会社のお仕事できるイケメン君から「これから2人で飲み直さない?」って連絡が来るかも??

PAK86_marunouchisk15172142_TP_V4.jpg

hiro志


この記事へのコメント