第173回 (読書シリーズ)金持ち脳 捨てることから幸せは始まる を読んでみた。その1

皆さんこんにちは。
それにしても・・日本はコロナ禍もワクチンの件が動き始めていているようですが、相変わらず、経済的に厳しいムード感満載!!
※画像はイメージです
adtDSC_6203_2-750x499.jpg
そんな暗いNEWSや、情報をメディアでは放送したり、リストラ、ブラック企業、老後の不安、増税・・などなど、そんな話題ばかりなので、巷のムードは暗くなり、気も滅いっちゃいますよね・・・(というか本当にそれどころじゃなく、大変ですもんね・・)
kaisya_okorareru.png

そんななか、飲食店の方々はデリバリーによる新しいメニューを開発したり、新しい価値観の中、新しいビジネスを始める経営者の方などのチャレンジや工夫があったり・・そのスピリッツに、頭が下がります。
その一方、冒頭にも書いたんですが、メディアが深刻なNEWSを取り上げなくっちゃいけなくて?そんな話題ばっかり中心に報じている中、僕が手にした本がこれ。
IMG_9508.jpg

作品名 苫米地英人の金持ち脳~捨てることから幸せは始まる
著 者 苫米地英人(とまべちひでと)  徳間書店 初版2012年刊行

著者の苫米地英人さんは、認知科学者で、もう皆様ご存じの方も多いと思います!!認知学者のみならず多方面でご活躍で、著書に

・「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 徳間書店
・正義という名の洗脳 大和書房
・テレビは見てはいけない 脱・奴隷の生き方 PHP新書
などなど、洗脳や経済・・などなど多くのベストセラーを送り出しています。

さて、今回取り上げる、この本は、初版が2012年なのですが、時間の経過を感じさせないある意味物事の本質が書かれていて、一度読んだら面白くて何度も読み返してしまいました!!さっそく、本を開くと、・・カバーの裏とじ表紙(ってゆうのかな)にこうあります。

「そもそも「金持ち脳」「貧乏脳」とは何か? 簡単に言うと、 「私は貧乏だ」と考えるのが貧乏脳。
私は「金持ちと考えないのが金持ち脳」です。 そして金持ち脳の持ち主には、 例外なくお金に困る人は訪れません。 さああなたも すぐ金持ち脳を手に入れましょう!!」

★一刻も早く貧乏脳から「金持ち脳」に乗り換えろ!・ 自分を低く評価しだすと「貧乏脳」が顔を出す・「貧乏脳」になるとなかなか抜け出せない!・ お金は使い方が上手な人のところに集まる ・「金持ち脳」になると1億円を稼ぐための情報が 次々と流れ込んでくる。
(以上本書より)

ええー!!なんだって!!そりゃ、金持ち脳に一刻も早くなんねばさ・・!!
ムフフ・・そして、あんなことや、あんなこともしちゃうのさ・・(前回は釈尊の感謝の心のお話をしたんじゃあなかったのかい!)

harem_man.png
果たしてそんなhiro志の野望やいかに!!(救いはあるのか?たぶんない)冗談はさておき(冗談だったのか)、次回よりこちらの本のリサーチを皆様とご一緒にしてゆきたいと思います!!!!今回もまとまりのない読書感想になりそうですが、どうか一つ、だらだら・・お付き合いください・・。ぺらぺら・・(ページをめくる音)えーっと??ふむふむ、「本当の金持ち」と「うその金持ち」とは??なになに??よっしゃ、
んでは、レッツラゴー・・

money_okanemochi.png
続く  hiro志

《参考書籍》
・作品名 苫米地英人の金持ち脳~捨てることから幸せは始まる
・著 者 苫米地英人(とまべちひでと)  徳間書店 初版2012年刊行

※敬称は略させていただきました。掲載に問題などありましたら、ご一報ください。
         

この記事へのコメント